中学受験と面接のノウハウ

中学受験と面接のノウハウ

中学受験と面接のノウハウ 中学受験では難解な学力試験が行われるだけではありません。そのほかに、中学受験では面接が実施される学校も中にはあるため、事前に準備をしておかなければなりません。また、受験者である子供に対してだけではなく、その保護者に対しても面接が行われる場合があるため、子供にばかり対策を押し付けるのでは良くありません。

主に面接の目的としては、学力試験だけでは分からない受験生の情報を得ようとしています。受験生の人柄に加えて性格、そして合格したと仮定した時の入学の意思についてです。これはどこの面接も同じ要領で聞かれるような事ではあります。保護者に対してもこれといって特別な事が聞かれる事ではありませんが、最低限の準備は欠かせないと言えます。

面接は基本的に10分程度の短いもので行われます。保護者に対しては、受験する学校に対してどういった志望動機があるのか、学校に対して望む事などが聞かれます。また、子供の短所や長所、これからはどのように育っていって欲しいかなどの、簡単な質問が大半を占めます。面接によって不合格にされるケースは稀でしょうが、ボーダーラインぎりぎりの時に、面接の結果がプラスと出れば運良く合格になる可能性はあると言えます。

最新記事